「24時間テレビ」逆風下の全舞台裏 “統一教会砲”突っぱねても肝心の募金額は1億円減(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

3年ぶりに有観客での開催となった、日本テレビの夏の風物詩「24時間テレビ 愛は地球を救う」が27、28日に放送された。45回目を迎えた今年は、メイン会場は東京・両国国技館。メインパーソナリティーはユーチューブチャンネル「ジャにのちゃんねる」の、嵐の二宮和也(39)、KAT-TUNの中丸雄一(38)、Hey!Say!JUMPの山田涼介(29)、Sexy Zoneの菊池風磨(27)の4人。恒例の「24時間マラソン」は、お笑い芸人EXITの兼近大樹(31)が、5年ぶりとなる単独で時間内での100キロ走破に挑戦した。

「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

■コロナ、節電、統一教会…3年ぶりの有観客

「コロナ第7波」真っただ中、メイン会場では、3年ぶりに観客を入れての開催となったが、コロナ対策に加え政府の節電要請など、厳戒態勢下での開催となった。

 さらに今年は直前に番組にさらなる試練が降りかかった。同局系の読売テレビのワイドショー「ミヤネ屋」で旧統一教会問題を頻繁に取り上げていたことを不服とした教会側が、「過熱報道」によって被害を受けていると反論。教会側は25日、24時間テレビで女性信徒がボランティアスタッフとして7年間、番組ボランティアをまとめる中心的な立場で活躍していたとして、「七尾市/世界基督教統一神霊協会能登教会」とテロップに映し出された2014年の放送分とされるテレビ画面の画像も公開した。

 しかし日テレサイドは26日、画像はテレビ金沢で放映されたものだとして、全国ネットの「24時間テレビで放送されたものではない」と否定。さらに、「24時間テレビでは、番組の趣旨に賛同していただける方にボランティアとして参加していただいております。一般的に、参加される方の個人的な思想・信条について確認することはいたしません」とした。内情を知るある日テレ関係者はこう話す。

「『霊感商法』に直接加担したわけではないことは確認が取れたので、局としては、突っぱねるという判断に至ったようです」

 コロナに関しては緊急事態宣言下での開催となった昨年に続き、徹底した対策で挑んだという。

「関係スタッフは1週間前から、全員、毎日抗原検査を受け、すぐにPCR検査も受けられる態勢が整っていました。関係者には陽性者が出ていますが、不幸中の幸いは出演者にひとりも陽性が出なかったことでした。節電に対しても同じです。メイン会場の両国国技館は、照明を20%程度落として挑み、水や冷却シートが完備され、熱中症も心配していましたが、この2日間は気温がそこまで高くなかった。これも幸いでした」(前出の日テレ関係者)

【広告】

[su_animate type=”flip” duration=”2″ delay=”1″]              ふとんクリーナーのパイオニア[/su_animate]

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。