「俺の返しが0点だった」四千頭身の都築拓紀が先輩への失態を反省(産経新聞)

出典元:産経新聞

四千頭身の都築拓紀が木曜日パーソナリティーを務めるラジオ番組『サクラバシ919』。8月11日(木)の放送では、『三四郎のオールナイトニッポン0』(ニッポン放送)に出演したと明かした。

三四郎の相田周二が体調不良で欠席したため、都築が代打出演。三四郎の小宮浩信、赤もみじの村田大樹と一緒にトークを繰り広げたという。

そんな中、本番中に村田から「都築があいさつをしてくれなかった」とクレームが。都築はとっさに「しましたよ!」と弁解したものの、実際は「…してないんだよね」とのこと。

なんでも、控室で村田から丁寧なあいさつをされた都築だが、「よろしくお願いします」と一言だけそっけない返しをしてしまい…。「俺の返しが0点だった。悪気がないけど、本当によくない」と反省する。

また、そのことを村田に指摘されても「正直に言えないんだよ。たくさんの人が聞いていてウソをついちゃった」と、思わず強がってしまったそう。この一連の行いを自身でも猛省しているようで、「ちゃんとした人でありたい…」と語った。

■初参戦のロッキンジャパンを満喫

このほか、この日のラジオ前に千葉市蘇我スポーツ公園にて開催中の『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』に参戦したことについてもトークを。

実は、04 Limited SazabysのGENと友達だという都築。GENに「ライブ来てよ!」と誘われ、急遽(きゅうきょ)鑑賞することになったのだとか。

この日は04 Limited Sazabysのほかにも、Creepy Nuts、スキマスイッチ、マキシマム ザ ホルモン、BUMP OF CHICKENなど、人気バンドがズラリ。都築はフェスに行くのがはじめてなこともあり、「激アツ! めっちゃ楽しみ」と当日までワクワクして過ごしていたそう。

そして迎えた当日。まずはCreepy Nutsのライブを楽しみ、「めちゃくちゃカッコよかった!」と大絶賛するが、フェス初参戦の都築は手を上げる高さや振り方などに苦戦。周囲を見てなんとか合わせたといい、「こうやってフェスって学んでいくんだな」と話す。

その後も04 Limited Sazabysをはじめ、豪華バンドのライブを堪能。マキシマム ザ ホルモンのライブではヘッドバンギングを初体験し「(動き方が)わかんないし、ちょっと恥ずかしい」と困惑した結果、「会釈くらいしか動かせなかった」と振り返った。(ラジオ大阪)

[su_box title=”【広告】 漢方由来のヘアーケアー” box_color=”#41febc” radius=”5″]

防掉髪洗髪露(強靭配方)


・髪にツヤや元気がなくなってきたと感じる方に
・健康で美しい髪を維持したい方に

傷んだ髪用シャンプーです。
防掉髪護髪素(滋養修護)との併用がお勧め。

[/su_box]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。