海からの侵攻に対する防衛力 台湾が太平洋で年次合同訓練(AP通信)

出典元:AP通信

蘇澳鎮、台湾、7月26日(AP)― 台湾の蔡英文は7月26日、同国東部の海域で実施された、海からの侵攻に対する防衛力をテストする同国海軍と空軍の合同訓練を視察した。
 毎年恒例の漢光演習では、戦闘服を着た蔡総統が軍艦の艦橋から実弾射撃を視察。
 東部宜蘭県蘇澳鎮沖の太平洋で実施された演習には、20隻の海軍艦船に加えて、空軍からF-16Vやミラージュ2000、国産の多用途戦闘機F-CK-1などの航空機が参加。
 中国艦艇や航空機の動きを想定して、フリゲート艦からは対空ミサイルが発射され、哨戒艇は爆雷を投下、潜水艦が浮上するなど防衛力を誇示した。
 蔡総統は座乗したフリゲート艦の艦内放送を通じて、乗組員に感謝の意を表した。
 台湾を自国の領土であると主張する中国は、必要であれば武力で併合すると公言しており、近年の軍備増強は主にそのような目的に向けられている。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

[su_box title=”【広告】 更年期?” box_color=”#fea1f4″ radius=”5″]

《経典薬方》天王補心丹

<

・眠れない、やる気が出ないとお悩みの方に
・ストレスが溜まっていると感じる方に

貧血や動悸、睡眠不足、記憶力の低下、倦怠感、肌の乾燥などに

[/su_box]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。