新宿・ゴールデン街の文壇バー主人「コロナ禍2年」の切実な体験、営業制限下で協力金バブルを経験した故の苦悩も(東洋経済オンライン)

出典元:東洋経済オンライン

コロナ禍になって2年半近く。この間、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置など経済活動のさまざまな制約によって、われわれは不便な生活を強いられ、経済的なダメージを受けた人や企業も多い。中でも特に厳しかった業種の代表例が飲食業だ。一方、昨年から今年にかけてはワクチン接種も進み、現在は行動制限も解除され、感染状況の落ち着きとともに街へと人が戻ってきている。この2年半、飲食店はどのような苦難を乗り越えてきたのか、厳しい局面を乗り越えた、さまざまな飲食店のコロナ禍の過ごし方と今をたどる連載第1回。

【ランキング】これが「金持ち企業」トップ500社だ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。