親の住宅ローン1300万円の「返済肩代わり」を頼まれた35歳娘、彼女に残された「選択肢」(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

義男さん(仮名、67歳)は元会社員、妻の弘美さん(仮名、62歳)、それと別に暮らす一人娘の江美さん(仮名、35歳、会社員)のご家族がいる。FPである著者のもとに、娘の江美さんから「親が住宅ローンを払えなくなった。肩代わりを頼まれたのだが大丈夫だろうか」という相談があった。

【写真】自宅を売って1000万円で「美しい農村」に引っ越し、夫婦は崩壊した

 なぜこの夫婦はローン破綻を迎えてしまったのか。【前編】「定年後67歳で愕然「1300万円のローン残債」が払えなくなった…35年ローンの「落とし穴」」では、そもそも35年というローンの「返済期間」が危うさをはらんでいることを指摘した。以下では、それならば、家を買う・住宅ローンを組む際に何を重視すべきか、さらに、この家族のゆくえについて紹介する。

 ※FP相談を元にしてありますが、プライバシーに配慮して大幅に内容は変更しています

【広告】

[su_animate type=”flip” duration=”2″ delay=”1″]欧州車、アメ車バッテリーの専門店[/su_animate]

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。