ベネフィット・ワンvsリログループ 福利厚生サービスを手掛ける大手を比較(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【ライバル企業の生涯給与】

 物価高が生活に襲いかかっています。野菜から肉、魚、菓子、コーヒー……身近な食品ばかりか衣料品にも値上げの波は押し寄せています。給与が上がれば、何とか物価高に対応できそうですが、それも期待薄。せめて、福利厚生の充実ぐらいは……と思うサラリーマンは大勢いそうです。

タビオ×川辺 「靴下とハンカチ」身近な繊維製品を扱う会社の社員待遇を比較

 今回は、さまざまな会社の福利厚生サービスを扱う「ベネフィット・ワン」と「リログループ」の社員待遇を比較してみます。

 ベネフィット・ワンは1996年にパソナグループのベンチャー第1号として、ビジネス・コープの社名でスタートしました。官公庁や企業が会員で、福利厚生業務の運営代行サービスを行っています。物販、直営保養所など幅広く運営しています。

 リログループは1984年に「転勤者の留守宅管理システム」を日本で最初に立ち上げました。現在は、留守宅管理と企業の福利厚生の総合アウトソーサーが主な事業となっています。また、企業の本業以外の業務もサポート、支援しています。

 業績はどうでしょうか。2022年3月期(連結)で比較してみます。売上高はベネフィット・ワンが384億円、リログループが1566億円。営業利益は128億円と185億円、純利益は89億円と156億円です。

 有価証券報告書(21年3月期)によると、社員の平均年収はベネフィット・ワンが613万円、リログループが580万6000円。平均年齢は35.6歳と40.3歳です。

 年代別の推定年収は、30歳時はベネフィット・ワンが542万円、リログループが497万円。40歳時は646万円と592万円、50歳時は657万円と602万円となっています。

 生涯給与はこうです。

▽ベネフィット・ワン…2億3186万円
▽リログループ…1億9437万円

 両社の社員がこの収入に応じた平均的な支出を続けた場合、65歳時の推定資産(貯蓄可能額)はベネフィット・ワン5121万円、リログループ4985万円です。85歳時は5030万円と4708万円。どちらも安定した老後といえそうです。

(データ提供「Milize」=https://milize.co.jp/)

【広告】 更年期?

《経典薬方》寧心補腎丸

・活力が減退し、不安が原因で落ち着かないと感じる方に
・心身ともに充実した毎日を送りたい全ての方に

滋養強壮のほか、胃腸機能の改善、疲労回復に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。