ロシア軍は戦力“ジリ貧”で停戦渇望か 交渉団代表「対話を続ける用意」発言の意味深(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

ロシア軍がウクライナに軍事侵攻を開始してから24日で3カ月。欧米からの武器供与で“戦力充実”のウクライナ軍とは対照的に、ロシア軍の戦力はジリ貧だ。今後、劣勢に立たされる見方もあり、プーチン大統領が「停戦」を渇望している可能性が出てきた。

【画像】元ミス・グランド・ウクライナが軍隊入り

 ◇  ◇  ◇

 ウクライナとの停戦交渉でロシア側の代表を務めるメジンスキー大統領補佐官が意味深な発言をした。22日のベラルーシのテレビ番組で「われわれには対話を続ける用意がある」と主張。双方が基本的に同意した和平交渉の草案をウクライナ側に1カ月前に提示したのに、具体的なレスポンスがないという。「ボールは完全にウクライナ側にある」とし、「プーチン大統領とゼレンスキー大統領の首脳会談をロシア側は拒否していない」と強調した。

 表向きはウクライナ批判だが、中身は停戦交渉の呼び掛けである。軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。

「停戦交渉を頓挫させているのはロシアではなく、ウクライナだとアピールしているのは、政権内で停戦交渉を求める意見が出てきているのだと思います。それだけでなく、プーチン大統領が本気で停戦を望んでいる可能性もあります」

 欧米がウクライナに追加供与する武器は6月中旬以降に揃う見通しだ。一方、ロシア軍はウクライナに投入した地上戦力の3分の1を失ったとの分析もある。戦力損耗率が30%を超えると軍隊として機能しなくなるとされ、ロシア軍は兵士や武器をかき集めようと必死になっているが、限界がある。

【広告】

競馬投資ソフト

商品名

「毎日が給料日!?

完全自動競馬投資ソフト 

合成オッズ地方競馬版!パートⅡ

安心楽々無期限無制限サポート付き!」

初心者から上級者まで幅広く、

競馬好き嫌い関係なく、

投資、ビジネスとして、ボタン一つで簡単に

投資感覚で投票できるソフトです。

詳しくはこちらをクリック⇒

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。