2023年WBCの“本命”大谷は招集困難…栗山侍ジャパンの目玉はダルビッシュ有(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

2日、侍ジャパン監督の就任会見に臨んだ栗山英樹氏(60)は、「誰よりも野球を愛して精いっぱい尽くさせていただきます」と“らしい”言葉で意気込みを語った。

【衝撃画像】カタギに見えない…清原和博の訪問姿に巨人キャンプ騒然!

 球界関係者が明かす。

「この日の会見で栗山監督は、就任要請を受けた日のことを振り返り『想像もしてなかったので、頭が真っ白になった』と言っていたが、実際、候補は他にもいた。最有力だった高橋由伸前巨人監督は古巣での再登板の可能性もあったことから、リストから消えた。その後は古田敦也元ヤクルト監督、野村謙二郎元広島監督らの名前が挙がったが、最終的に今季まで10年間、日本ハムを率いた栗山監督の“現場感覚”が決め手になった。もちろん、代表に招集できれば最大の目玉となるエンゼルス大谷翔平との“師弟関係”も大きい。スポンサー的にも注目度抜群の大谷がいるかいないかで侍ジャパン自体の価値が大きく変わりますから」

 大谷は日本ハム時代、栗山監督の下でプレー。二刀流挑戦を後押ししてくれたことに恩義を感じている。栗山監督なら招集のハードルが低くなるとの思惑があるわけだ。

 とはいえ、実際問題として大谷が侍ジャパン入りする可能性は低い。WBC開催年の2023年にはFA権を取得。米メディアは早くも「10年340億円」の超大型契約になると報じている。米国での決勝ラウンドのみ出場、という変則パターンもあるにせよ、二刀流で調整に多くの時間を要する上に、故障リスクが伴う開幕前のWBC出場に、所属先のエンゼルスが難色を示す可能性が大だ。

 栗山監督もこの日、「(大谷の招集は)必要ですか?」と報道陣に逆質問。「(チームの)全体像において必要なんであればそういうふうに思う」と微妙な言い回しに終始した。

■2023年はカブス6年契約の満了年

「もう一人の大物招集も視野に入っているといいます」とは、球界OB。

「パドレスのダルビッシュです。ダルと栗山監督は入れ替わりで、日本ハムでは一緒にやってはいないものの、親交は深い。ダルは09年WBCで世界一に貢献した。メジャー移籍後の13年、17年大会は所属球団の意向などもあって辞退したが、もともと日本代表には思い入れが強い。23年は18年にカブスと結んだ6年契約が満了する年。その時点での体の状態や契約状況に左右されますけど、37歳を迎えるシーズンで、年齢的にも代表入りは最後のチャンスになる可能性が高い。日本野球界に貢献したい気持ちから、出場を決断する可能性はあるでしょう」

 ダルだけでも日の丸ユニホームを着てくれれば、盛り上がりそうだが……。

【広告】

おいしく・楽しく

                                【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です