タイガー・ウッズが超えられなかったマイケル・ジョーダンの「壁」(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

タイガー・ウッズは、アーノルド・パーマーやジャック・ニクラスを抜いたが、バスケットのマイケル・ジョーダンにはどう頑張っても追いつきそうもないーー。

【2017年】スポンサーも大迷惑…T・ウッズ逮捕の衝撃と転落の軌跡

 これは生涯で稼いだ金額のランキングの話だ。

■生涯収入は5億2000万ドル差

 スポーツ界のビジネス情報を伝える「Sportico」が先ごろ発表したリストによれば、史上最大の稼ぎ頭はマイケル・ジョーダンで、インフレを加味した現在の金額で26億2000万ドル(2960億円・113円換算=以下同)。2位がタイガーで21億ドル(2373億円)だ。

 ちなみに、3位がアーノルド・パーマーの15億ドル(1695億円)、4位がニクラスの13億8000万ドル(1559億円)、5位がサッカーのクリスティアーノ・ロナウドの12億4000万ドル、6位にボクシングのフロイド・メイウェザーの12億ドルと続き、プロゴルファーでは11位にフィル・ミケルソン(10億8000万ドル・1220億円)の名前が挙がる。

 インフレを加味しない金額でもジョーダンがトップの20億5000万ドル。対して、2位のタイガー16億6000万ドル、パーマーとミケルソンは並んで8億8500万ドル、ニクラス8億3000万ドル。

 ちなみにグレッグ・ノーマンは実質金額で5億5500万ドル(627億円)でランク15位だ。

 ノーマンはサウジアラビア政府がバックについた会社のトップに就任しており、アジアツアーで年10試合を開催することが明らかになったが、これにより、毎年さらに1億ドル単位の収入があるとみられている。

 パーマーにしても亡くなってすでに5年経つが、その資産は運用されて毎年4000万ドル増えているといわれているし、タイガーは今でもスポンサー契約などで6100万ドル、ミケルソンは4100万ドルの年収があるといわれている。

 ゴルフは選手生命が長い上、個人スポーツであるために、スポンサーがつきやすい。それが生涯金額の上位を独占するような形になったものとされている。

 マイケル・ジョーダンは、いまだにナイキと契約を結び、ジョーダンブランドのシューズは売り上げが年間130億ドルを超え、その収入だけで1億ドルを超えるとみられている。自動車事故でイメージがダウンしたタイガーとの差はますます開いている。スポンサー契約も、徐々に減ってゆくものと考えられている。

 とはいえ、タイガーには1000億円以上の資産に加え、毎年数十億円の副収入があるのだから、この先も生活に困ることはないはずだ。

(ゴルフライター・吉川英三郎)

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です