「週休3日制」の中身で変わる天国と地獄…NECは来年度から導入、パターン別に専門家が解説(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

窮屈なコロナ禍でよかったことといえば、働き方改革の定着か。在宅勤務をはじめとするテレワークが進む。そんな中、NECが先月22日に打ち出した独自の改革では、22年度から週休3日選択制も導入するという。大企業で広がる週休3日制で、働き方はどう変わるのかーー。

サントリー新浪社長が提言する「45歳定年制」労働問題の専門家はどう見るか

  ◇  ◇  ◇

 NECは2018年に始めた「Smart Work」で、各事業場のフロアをリノベーションしたり、全社員を対象に在宅勤務やスーパーフレックス制度を導入したりして、働きやすい環境を整備している。そのバージョンアップ「Smart Work2.0」が今回の改革だ。

 オフィスのあり方を見直し、そのサイズを最適化。完全フリーアドレス化し、出社率を今の7割から4割に減らし、京浜地区のフロア面積は4分の1を削減。その一方、社員や取引先などが交流できるスペースは「共創空間」として8倍に拡充するという。

 見逃せないのが、22年度からの週休3日選択制の導入だ。働く時間の自由度を向上させるのが狙いとみられている。

 土日に加えて、平日のどこかが休日になると、体が楽だし、3連休なら遠出もしやすい。それが毎週だと、毎日の過ごし方や余暇の計画の立て方は大きく変わってくるだろう。

 が、週休3日制は、週休2日制の休みを1日延ばせばいいというほど単純な話ではない。それが機能するように、周りの制度をしっかりと整えておかないと、社員も会社も不幸だという。では、どんな制度が必要で、どうすれば社員も会社もウィンウィンになれるか。働き方改革総研の新田龍代表に聞いた。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です