夫の家事“やったぜアピール”が妻をイラッとさせる 衝突回避のポイントを専門家が解説(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

コロナ禍の自粛生活で良くも悪くも自宅で過ごす時間が増えた。そんな傾向を反映してか、男性が家事や育児に費やす時間が延びたそうだ。額面通りなら喜ばしいことだが、街で話を聞いた女性は男性の協力を喜ぶどころか、男性をこき下ろす人が大半で……。

在宅勤務で家事分担バランスに変化…トラブル回避のコツは

  ◇  ◇  ◇

■コロナ禍で週13時間に増加したが…

 積水ハウスは小学生以下の子供がいる20代から50代の男女9400人に調査。男性の家事や育児がどうなっているかを調べ、「男性育休白書2021」にまとめている。男性が1週間に家事や育児にかける時間は、全国平均で13・3時間。コロナ前の2019年に比べて2.2時間増えている。

 この集計がスゴイのは女性が認める時間であること。女性から見て、男性の行動が家事や育児の時間としてカウントできると判断した上での数字だ。

 日常生活の中から家事と育児について、食事作りやゴミ出し、掃除、洗濯、子供と遊ぶなど28項目を抽出。そのうち男性が何項目行っているかについても女性目線でチェック。コロナ前は、全国平均で5.4個だったのが、今年は6.3個にアップしている。

 どちらの数字も、男性の自己申告ではなく、男性側の勝手な水増しが含まれていないから信頼できるはずだが、街の女性の意見はそんなに芳しくない。東京・上野で女性10人に話を聞くと、3人は「コロナ前より家事に協力的になった」と調査結果に近い回答だったが、6人は大ブーイング(1人は無回答)。50代女性はこう言った。

「ウチのダンナにゴミ出しを頼むと、指示したところのゴミだけ集めて、トイレや洗面所などはノーチェック。テーブルの上には、アイツが飲んだビールの缶が残ってたりします。中途半端なくせに、“オレやったぜアピール”丸出しで、正直、イラッとするんですよ。洗濯物は取り込んでも、片づけない。仕事の資料はソファに出しっ放し。ウチ、子供いないんですけどねぇ……」

 昨年の内閣府の調査によれば、緊急事態宣言中に家事育児の時間が延びた女性は3割で、男性は2割にとどまる。緊急事態宣言の定着で、家事負担の偏りが改善されたのかもしれないが、今なお負担の重さを感じている女性が少なくないのは事実だろう。そこに男性の“やったぜアピール”が重なると、上野の女性6人のように手厳しい評価を招く。

 では、家事を巡る夫と妻のギャップは、どこにあるのか。男女問題研究家の山崎世美子氏に聞いた。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

                    「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です