熱湯、母親の外出数時間内か 男と3歳児2人きりに(共同通信)

出典元:共同通信

大阪府摂津市の集合住宅で8月、同居していた20代の交際相手の長男新村桜利斗ちゃん(3)に熱湯を浴びせ殺害したとして、殺人容疑で逮捕された大阪府羽曳野市の無職松原拓海容疑者(23)が、桜利斗ちゃんの母親が外出した後、2人きりになった数時間のうちに犯行に及んだ疑いがあることが24日、捜査関係者への取材で分かった。

 母親は8月31日午後1時すぎに外出した。松原容疑者は午後4時50分ごろ、「浴室内で男児の意識がない」と119番。逮捕前には府警に「一緒に高温のシャワーで遊んでいた。少しずつ温度を上げた」と説明している。府警は24日午前、松原容疑者を送検した。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                      バ イ セ ル

がおすすめ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です