大谷翔平がDH部門1位を維持 米球宴ファン投票第2回中間発表(共同通信)

出典元:共同通信

【ニューヨーク共同】米大リーグ機構は21日、オールスター戦(7月13日・デンバー)のファン投票の第2回中間結果を発表し、エンゼルスの大谷翔平がア・リーグの指名打者部門で117万4069票を獲得し、トップを維持した。2位のマルティネス(レッドソックス)とは約64万票差となった。

 投票は2段階で、24日までの1次投票で選ばれた各ポジションの上位3人(外野手は上位9人)が27日に発表され、28日からの最終投票の結果は7月1日に発表される。

 大谷は球宴の前日恒例の本塁打競争に日本選手では初めて出場することが決まっている。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です