夏の「猛暑対策需要」で、株価が上がりはじめた日本大手企業の「名前」(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

日本列島は現在、梅雨の真っ只中である。19日に東北が梅雨入りし、梅雨のない北海道以外すべての地域が梅雨入りした。

【写真】動きはじめた株価.!

 今年は西日本が記録的な早さで梅雨入りし、一方で関東甲信・東北の一部は平年より遅いという珍しい気象条件だった。

 関東では、7月20日前後が梅雨明けとなるのが平均的だが、その直後には東京五輪が控えている。

 梅雨の時期に毎回注目されるのは、梅雨が明けた夏は「猛暑」か「冷夏」なのか、ということ。結論から言えば、2021年は「猛暑」になる可能性のほうが高そうだ。

 株式会社ウェザーニューズが6月に発表した「猛暑見解21」によると、今年は全国的に暑い夏になり、特に7月下旬と8月下旬の2回、暑さのピークがやってくるという。

 7月下旬といえば、まさに東京五輪期間と被る。コロナ対策と併せて、日本独特の強烈な暑さにも選手は対策を重ねる必要が出てきそうだ。

 ウェザーニューズの予想によると、8月は昨年の記録的な暑さほどにならないものの、9月の残暑もお彼岸頃までは厳しいという。すでに福岡県久留米市では35度以上の猛暑日を記録している日本列島、今年の夏は近年以上に「長く」なりそうだ。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です