仏地方選でマクロン大統領の与党が惨敗(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

【パリ=三井美奈】フランスで20日、地域圏議会選の第1回投票が行われ、地元メディアの推計でマクロン大統領の与党「共和国前進」は全国得票率の約11%にとどまり、惨敗した。

首位に立ったのは、保守系野党の共和党で27%を獲得。2位は極右「国民連合」の19%で、2015年の前回選挙から7ポイント得票を減らした。共和国前進は、社会党や環境政党に続き、5位だった。

共和国前進は、2017年の前回大統領選を前にマクロン氏が設立した新党。今回の選挙は来年の大統領選に向けた前哨戦とみなされていたが、地方への浸透が進んでいないことが示された。今回選挙の投票率は推計33%に低迷した。決選投票は27日に行われる。

【広告】



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です