池江璃花子400mリレーも東京五輪代表入り プロ転向なら稼ぎは「瀬戸大也1億円」超え確実(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

東京五輪の代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権(東京アクアティクスセンター)は8日、女子100メートル自由形決勝を行い、白血病から復帰した池江璃花子(20=日大)が53秒98で優勝し、100メートルバタフライと合わせて今大会2冠を達成。日本水連が定めた派遣標準記録(53秒31)は切れず、個人での代表入りはならなかったが、400メートルリレーの代表に内定した。

池江璃花子「奇跡の東京五輪切符」でバカ騒ぎ メダル煽り重圧かけるスポーツマスコミの過剰報道

 メドレーリレーに続いて2種目で代表入りを決めた池江は「(タイムは)もうちょっと出したかったけど、新しいチームでリレーを組めてうれしい。ギリギリだったけど、目標を達成できてよかった」と話した。

 大病を克服しての今大会での躍進に国内はもちろん、海外メディアも注目。日本水連には国外のメディアから池江への取材依頼が殺到しているという。

 五輪の開幕を前に注目度は高まるばかりだが、池江はプロに転向しても成功を収めそうだ。

 近年、女子スイマーもプロ化が進み、海外のトップクラスともなれば、高収入を得ている選手が少なくない。2016年リオ五輪4冠のケイティ・レデッキー(24=米国)はスタンフォード大学在学中の18年にプロ転向。米メディアによれば、スポーツ用品や食品メーカーなど複数の企業とスポンサー契約を結び、19年には約5億円を稼いだ。池江のライバルとして知られるサラ・ショーストロム(27=スウェーデン)も同様にスポンサーが付いており、1億円近い年収があるという。

 日本の現役スイマーでは、この日、すでに内定を得ている200メートル個人メドレーを制した瀬戸大也(26)が昨年の不倫騒動でスポンサー契約を打ち切られるまでは約1億円の年収があったといわれる。

 池江は持ち前の美貌に加えて奇跡的な回復力で企業の注目度は瀬戸の比ではない。今すぐにでもプロ転向を果たせば、瀬戸をはるかに上回る数億円規模の契約金を手にしそうだ。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です