軍の暴力にミャンマー市民が「踏み絵&魔除け」作戦で対抗する理由(現代ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:現代ビジネス

クーデターで政権を奪取し、抵抗を続ける市民への武力鎮圧を強める軍の強硬手段で死傷者が日々増大しているミャンマーでは、軍の市民への対決姿勢が一層深まり、解決策が全く見えない混沌とした状況が続いている。

【写真】「ミャンマー国軍の背後に中国がいる」を全否定した中国の本当の狙い

 2月1日のクーデター発生以来、ミャンマー全土に拡大している一般市民の「反クーデター」「反軍」デモや集会は、その後、公務員や銀行員、公共交通労働者、医療関係者などによる職場放棄、就労拒否という「不服従運動(CDM)」に拡大し、経済活動や市民生活に深刻な影響を与えはじめており、軍は焦燥感を強めている。

 こうした焦りを背景に、クーデター発生1ヵ月となる3月1日以降、中心都市ヤンゴンや中部第2の都市マンダレーなどでデモ鎮圧を強化、1日で30人以上の死者も報告される深刻な状況となっている。

 現地からの情報によると、軍は鎮圧に際して、これまでの放水、催涙ガス、ゴム弾に加えて限定的に使用していた実弾を頻繁に発射するようになり、一部では「短機関銃(サブマシンガン)」の使用まで報告されているという。

 エスカレートする治安当局の武器使用を伴った強硬手段に対して、デモや集会で抵抗する市民は投石やパチンコなどでささやかな抵抗を試みてはいるものの、基本的には「非暴力」を貫いている。そうした市民の側の対応もまた、軍の一方的な武力行使をエスカレートさせ、その結果、死傷者の増加を招いているとみられている。

【広告】

欧州車、アメ車バッテリーの専門店

ましきでんち

高いバッテリー交換とは、

もうオサラバしましょう!!

大量仕入れにて実現した格安提供☆

満充電の状態で着いたその日から使用可!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です