弘中綾香アナ、大号泣!田中みな実の“あざとくない”言葉に、ファンも「もらい泣きしました」(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

テレビ朝日の弘中綾香アナ(30)が泣いた。それも、驚くくらいの大号泣だ。

 “事件”は4日、弘中アナが行ったインスタライブで起きた。

【写真】弘中綾香アナの、あざとかわいい…

 弘中アナは、先月、初の著書となる『弘中綾香の純度100%』を出版。マガジンハウスのウェブメディア『Hanako.tokyo』の人気連載に、オリジナルコンテンツを加えて書籍化したフォトエッセイで、発売前重版もかかったことで話題だった。

 インスタライブは同書の発売後にかかった3刷祝い、そして4刷めの重版をお知らせする目的で開始。5日から並ぶ3刷分の帯から、田中みな実のコメントが掲載されることも発表された。

 テレビ朝日系の番組『あざとくて何が悪いの? 』で共演し、息のあったコンビである2人。だが、田中みな実のあまりの多忙ぶりに遠慮し、コメントのオファーを当初はしなかったのだという。

 それでも田中みな実が『純度100%』を読みたがっていることを知り、畏れ多いと思いつつ帯コメントを頼んだ弘中アナ。そして完成したコメントと初めて対峙するのが、この日のインスタライブの場だったのだ。

 スタッフから渡された箱の中の本の新帯を目にし、思わず〈えっ! 〉〈やだ~〉と声を上げる弘中アナ。

 〈この人は小手先で生きていない。ホンモノに貪欲で正直で、あざとさのかけらもなくて愛おしい〉

 というコメントを目にし、大感激。思わず机に突っ伏して大号泣を始めた。

 恋愛バラエティの『あざとくて~』では、あざとい考えや可愛らしい振る舞いをクローズアップされる弘中アナ。しかし、そんな「小手先」ではない弘中ちゃんの良さを私はわかっていますーーといったメッセージを帯のコメントから受け取ったのかもしれない。

 インスタライブでこの顛末を見とどけたファンも、

 「重版おめでとう」「もらい泣きしました」「田中みな実さんの帯ほしかった」「応援もかねて、もう1冊購入させて貰います」

 と感激のコメントを寄せていた。

 『純度100%』は今回の重版で累計5万部に達したという。60万部のヒットとなった“師匠”田中みな実の写真集にどこまで迫れるか、今後が楽しみだ。

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です