【BLOOD】父ジャスタウェイに敬意ダノンザキッド(産経新聞)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:産経新聞

TRが始まる。無観客競馬が始まって以降、やはり季節が自分のなかでうつろわない。競馬はやっているのだから、とは思うものの、やはり現地で目の当たりにしてこそ…なのかもしれない。

 とはいえ、皐月賞の最重要TRにして、2歳チャンプのお出ましでもある。そのダノンザキッドを本命にする。「ジャスタウェイだぞ? 本当にいいのか?」という囁きが自分のなかでやまないのだが、ホープフルSもそんな思いをよそに完勝した。母父ダンシリはダンジグ系で休み明けはいいのかな? とか、ハービンジャーを出した血だから普通のジャスタウェイより長い距離も対応できそうだ、とか様々な思いが交錯するが、ここは一応敬意を払う。

 相手にはゴールデンシロップを抜擢する。父ハヴァナゴールドはガリレオ系テオフィロ産駒。テオフィロ直仔のテリトーリアルがついに重賞(小倉大賞典)を勝ち、この先も日本の馬場に適性のある馬が出てくるか。テリトーリアルはテオフィロに母父はミスプロ系の快速馬ストリートクライ、ゴールデンシロップはテオフィロ系ハヴァナゴールドに母父はミスプロ系快速馬のミスターグリーリーと、なんとなく似たような血統構成。同じ小回りコーナー4つの重賞で、同様の快走を見せられるか。

 3番手はタイムトゥヘヴン。母キストゥヘヴン(桜花賞馬)は自身に匹敵する産駒をなかなか出せないが、前走で重賞2着まで来たこの馬が母の名を高める走りができるか。これまで競走馬になった兄姉はやや重めの父がつけられていたが、本馬は父がロードカナロアに代わり、素軽さが出た感はある。

 △△が2戦2勝シュネルマイスター。2戦とも上がり最速で、可能性を感じさせる1頭だ。ただやはり気にかかるのは父キングマン。インヴィンシブルスピリット直仔で、グリーンデザート、ダンジグとつながる、ダンジグのなかでも快速の系統。2000メートルは決して適距離とも思えず、鞍上の技術で補ってもこの評価が妥当なところか。(夕刊フジ)

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

ザ・シークレット・ホース

                             只今特典レポート付

                             1)「サルでも分かる!血統入門」

                             2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

                             3)「競馬新聞徹底比較」

                             4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です