『アート思考のものづくり』『101歳現役医師の死なない生活』ほか 『ファシズムへの偏流 ジャック・ドリオとフランス人民党』(週刊東洋経済)

出典元:週刊東洋経済

<2021年2月27日号> いかに仏共産党指導者はナチス協力者となりしか
評者/関西大学客員教授 会田弘継
まさに時代に翻弄された生涯だ。フランスのナチス協力者の領袖(りょうしゅう)と、彼が率いたフランス人民党の消長を描く。20世紀前半に世界が直面した思想上の難局が凝縮されている。学術的な書だが、一級の文学作品のような深い読後感を読者は得るだろう。

労働者の味方となり平和を求めた共産党指導者ジャック・ドリオは、スターリニズムとナチズムという20世紀世界が生み出した2つの狂気に振り回され、ファシスト政党を創設。ついには銃をとってヒトラーの軍隊にまで加わりスターリニズムと戦うが、ナチズムに踊らされた揚げ句、非業の死を遂げる。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です