緊急事態宣言延長、菅首相発言詳報「感染防止対策、極めて重要な局面」(産経新聞)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:産経新聞

菅義偉(すが・よしひで)首相は3日夕、官邸で記者団の取材に応じ、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて1都3県に発令中の緊急事態宣言ついて、7日の期限を2週間程度延長する方針を表明した。やりとりの全文は次の通り。

【表とイラストでみる】「真に有効」な感染防止対策

 --本日の新型コロナに関する関係閣僚との会合で、どのような話し合いが行われたのか

 「感染状況を確認し、今後の対応策を協議しました。1都3県については、この7日に期限を控えているわけでありまして、感染防止対策、極めて重要な局面であると考えております。また病床、逼迫(ひっぱく)している状況、厳しい指標も、ギリギリの指標もありますから、私としては国民の皆さんの命と暮らしを守るために、2週間程度の延長が必要ではないかな、とこのように考えておりますが、いずれにせよ、専門家、また関係者の皆さんのご意見を伺った上で、最終的に私自身が判断をしたい、このように思っています」

 --延長が2週間程度必要とする理由は

 「これについてもこれから専門家の皆さん、関係者の皆さんの意見を伺ってですね、決めていきたいと思います」

 --東京五輪で海外から訪れる観客の受け入れについての検討状況は

 「政府は検討とかそういうことはやっておりません。いずれにせよ、IOC(国際オリンピック委員会)、東京都、(東京五輪・パラリンピック)組織委員会、連携しながら政府としてお手伝いをしていきたい、こういうふうに思ってます」

 --緊急事態宣言の延長は1都3県の知事の意向も踏まえたのか

 「1都3県の知事の皆さんには、意見も当然、これから伺った上で判断をしたいというふうに思います。まだ、2週間と決定したわけではなくて、私は2週間程度必要じゃないかなという思いでありますので、そうしたことをこれから専門家の皆さんにはですね、関係者の皆さんのご意見を伺った上で、最終的には判断をしたい、こういうことであります」

 --専門家や1都3県の知事に意見を聞く前に2週間程度の延長が必要と表明したのはなぜか

 「昨日も大臣、集まってます。それぞれの知事とも当然、電話では状況は伺ってます。正式じゃなくて、どういう状況であるかということを伺ってますし、ある意味でギリギリまで今日のそれぞれの1都3県の陽性者数だとか、やはり病床、そうしたものを参考にしながら方向性を出させてもらったと、こういうことです」

 --専門家に意見を聞く前に宣言の延長を表明したのはなぜか

 「専門家の皆さんも大体考え方っていうのは伺ってます。おおよそでありますけども、大体そういう方に伺いながら、ですからこれからそういう意味で正式にお伺いをすると。そういう中で最終決定はこれから先ですから、今決めたわけではありませんから、私にはそういうふうに認識が必要じゃないかということを表明させていただいているところです」

 --首相は緊急事態宣言の期限は3月7日までと強調していたが、このような事態になったことについての責任についてどのように考えるか

 「やはり緊張を高めて、これ各知事、首長もそうですけども、やはり目標に向かって進んでいくということは、これは大事なことじゃないでしょうか。油断することがないように対応していくというのが、それが私の役割であると思います」

 --3月7日までだった期限が、さらに2週間程度延長ということになったことへの責任は

 「まだ延長、決定したわけでないです。2週間程度必要じゃないかなということを私の考え方で今日、5大臣との(会合の)中で方向性を出させていただいた。最終決定にはもちろんいろんな段階を通らなければできないわけであります」

 --内閣官房のまとめた今日の医療提供体制の指標は、いずれもステージ3(感染急増)相当まで下がっているが、それでも政府として高いという印象か

 「1都3県の中でやはり緊迫しているとこありますから、(目安を)超えてもギリギリだとかそういうとこありますんで、その中で7日を控える中で、その私、前から数字をできるだけギリギリまで参考にしたいということを申し上げてきてましたんで、そういうことを結果として今日、方向性を出させていただいた、とこういうことであります」

 --具体的にどれぐらいの基準になったら安心して解除できるのか

 「今はステージ3のときは病床が50%以下とか、あるいは感染者数であれば、東京ですと500人以下とか、そういうことが決まっています。そういう中で病床が逼迫しているところがありますので、そうしたものが50%以下になって、やはり下を、ベクトルが下に行くということが大事だと思っております」

 -期限よりも前に解除した関西圏と1都3県の違いはどこにあるのか

 「解除したところは全ててがベクトルが下になっていました。(ステージ)2(感染漸増)に向かって、ほとんど2って言っていいぐらいのところでありましたんで、そこについてはやはり、首都圏は皆さん一番よくご存じだと思いますけど、新規陽性者数がなんとなく下がり切れていない状況じゃないでしょうか。そういうことであります」

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です