PayPayフリマ「動画対応」が「超便利だけど、ちょっと怖い」と言えるワケ(現代ビジネス)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:現代ビジネス

フリマアプリで物を売る時、最も大切なのが写真です。たくさんの商品の中から自分の出品物に目を止めてもらい、そして「もっと詳しく見たい」と思ってもらうための入り口が写真だからです。

【写真】メルカリ転売で儲けたら、家に税務署がやってきた

 そして傷や汚れなどのダメージを含め商品の状態や特徴を伝えるのも写真と考えると、フリマアプリにおける写真の重要性は非常に高いと言えます。

 そのような重要な役割を果たす写真は、メルカリとPayPayフリマでは10枚、ラクマでは4枚まで掲載可能です。でも商品によっては写真では魅力を伝えきれないこともあるのは事実でしょう。

 そのため写真ではなく動画での出品ができないものかと思うユーザーは少なくなかったはずです。世の中を見れば、動画を使ってプロモーションをするケースも多く、動画の活用が当たり前になっています。

 そしてフリマアプリでもついに動画出品が可能となりました。一番乗りをしたのはPayPayフリマです。

 PayPayフリマが動画出品をリリースしたのは2月24日のことでした。実はその前からなんとなく予兆があったというか、動画出品につながるサービスがヤフオク! にあったのです。「マルチビュー撮影」です。

 スマートフォンのOS各社が提供するAR技術のフレームワークを活用したサービスで、商品を角度を変えて撮影することで、商品の周りをぐるっと回っているかのような画像が作れるのです。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

         【ETC協同組合】

しかもスピード発行




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です