職場で上司の「夫婦同姓パワハラ」に苦しんだ女性が下した 「苦渋の決断」(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

【夫婦同姓の苦しみ Case04:職場の“同姓強制パワハラ”】

 ジェンダー平等を理念の一つに掲げる五輪の担当大臣であり、男女共同参画担当相でもある自民党の丸川珠代議員が、選択的夫婦別姓の実現を阻止する議員グループに参加していた事実が報じられ、波紋を呼んでいる。

【写真】セックスレスに耐えられない妻に夫が提案した「まさかの解決策」

 世界で選択的夫婦別姓の制度がないのは、日本だけである。国連は夫婦同姓の強制は女性に対する差別かつ人権侵害であるとして、過去3度にわたり、その廃止を日本に対し勧告している。にもかかわらず、選択的夫婦別姓の導入は阻止され続けてきた。

 国は、政治家は、夫婦同姓の強制に苦しむ人たちの実情を理解しているのだろうか。結婚して間もなく、ペーパー離婚をせざるを得ない状況に追い込まれた、ある夫婦のケースを紹介したい。

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

                                    <U-NEXT>

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です