<独自>転落死装い殺害か 女性に首絞められた痕 警視庁が本格捜査(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

東京都国立市のアパート敷地内で昨年11月、9階に住む女性(41)が頭から血を流して死亡しているのが見つかり、警視庁が調べを進めたところ、直前に首を絞められて意識を失った状態でアパート高所から突き落とされた可能性が高いことが27日、捜査関係者への取材で分かった。捜査1課は、転落死を装った殺人事件の疑いがあるとみて本格捜査に乗り出す方針を固めた。今後、関係者らから当時の状況を詳しく聴く方針。

 捜査関係者によると、女性の遺体は昨年11月30日にアパート敷地内で、あおむけの状態で見つかった。司法解剖の結果、死因は「転落死」と判断されたが、女性の首には手や腕などで絞められたような、わずかな痕が見つかったという。

 また、遺体はアパートの敷地内の建物のすぐそばで見つかったが、現場周辺からは自ら飛び降りたり、誤って転落したりしたような痕跡は、ほとんど確認できなかったという。

 こうした状況から、捜査1課は、女性が首を絞められるなどして仮死のような状態に陥った後、転落死を偽装してアパートの高所から突き落とされた殺人事件の可能性が高いと判断した。

 女性は40代の夫や幼い子と暮らしていたという。当時、夫が「自分が子供の寝かしつけをしている間に、いつの間にか妻がいなくなった。前日には妻とけんかした」などと110番通報。駆け付けた警察官が捜索したところ、敷地内で倒れていた女性を発見した。

 捜査1課は、関係者から当時の状況を聴くなど調べを進めている。

 現場は多摩都市モノレール万願寺駅から東に約1キロ離れた、多摩川近くの住宅街。

【広告】

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

              「asoview!(アソビュー)」

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です