今年の節分はなぜ「2月2日」だったのか? 東大生が優しく解説します(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

先日は節分でしたね。皆さんは豆まきをしましたか? 僕はコロナの影響で友達と会えなかったので、豆まきはしませんでした。せっかく豆まきをするなら、鬼役もいた方が楽しいですもんね。ちなみに去年は僕が鬼をやって豆を投げられまくりました。

宇宙ステーションまでたった400キロなのに、ロケットが時速3万キロも出す理由

 そもそも節分の日とは、「立春」の日の前日のことです。暦の上では立春から「春」なので、節分の日は冬の最終日ということになります。昔は立春の日から1年が始まり、節分の日で1年が終わっていました。1年の厄払いとして豆まきをしていたのですね。

 例年であれば、節分は2月3日だったはずです。しかし、今年の節分は2月2日でした。間違えて2日に豆まきをし忘れたら、1年の厄を払い逃すことになってしまい大変です。節分の日はどのようにして決められているのでしょうか。また、どうして今年の節分の日は突然変わってしまったのでしょうか。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

            「出雲抹茶ショコラテリーヌ」

大好評

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です