ユニクロ、任天堂、ソニーも…日経平均急落で起こる、3月株価「波乱の幕開け」(現代ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:現代ビジネス

2月26日の日経平均株価の終値は2万8966円、前日比1202円安まで急落した。-3.99%という下げ幅は、4年8ヵ月ぶりだった。

【2022年卒版】 「一流ホワイト企業ランキング」TOP100

 2月8日以来の2万8000円台まで下回った日経平均だが、市場では「続落」への危機感が強まっている。

 「米市場で長期金利急上昇を受けて、米株相場は大幅に下落し、警戒感が強まったことが今回の株安につながっています。超低金利で市場に投入されてきた大量のマネーが引き上げられるかもしれないと、上げ調子だった市場が一気に冷ややかになりました。

 一部では『バイデンショックの序章か』というような声も上がっています。投資家からは、『今回の株安は思ったよりも底が見えない』という声も多く聞かれます」(株式アナリスト)

 日本株でいえば、ここ最近好調だった銘柄も軒並み下げたのが今回の「大引け株安」の特徴だ。結果的に、東証33業種のすべての業種が下落した。

 個別の銘柄を見てみよう。まず、ファーストリテイリングやソフトバンクグループ、ソニー、トヨタ自動車や任天堂など、株高を支えてきた企業の株が、軒並み値を下げたことが大きく響いている。

 そして、コロナ禍で株高が続いていたハイテク株の下げが顕著だった。

 村田製作所や東京エレクトロン、アドバンテストや太陽誘電がその一例。特に顕著だったのは、この1年間右肩上がりを続けていた日本電産だった。

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です