【映像】石油積替えのイラン船舶拿捕 インドネシア海上保安庁(AP通信)

出典元:AP通信

ポンティアナック、インドネシア、1月25日(AP)― インドネシア海上保安庁は1月24日、西カリマンタン州沖の同国領海で石油を違法に積み替えたとして、イラン船籍とパナマ船籍のタンカー2隻を拿捕した。
 インドネシア海保によれば、拿捕された2隻は船籍を示す国旗を掲揚しておらず、自動船舶識別装置(AIS)を故意に切っていた他、違法投錨、石油の違法積み替えを行っていたとして拿捕。取り調べのため、リアウ諸島州バタム島に連行するという。
 拿捕の事実はイラン国営テレビでも報じられた。
 イランは世界有数の原油と天然ガスの資源保有国ではあるが、2018年にドナルド・トランプ前米大統領が「イラン核合意」から一方的に離脱して以降、米国による経済制裁の影響を大きく受けた。唯一の外貨獲得の道が閉ざされたイランはこの間、南米の反米国ベネズエラとの原油の闇取引に大きく依存してきた。
 イランのタンカーは行き先を秘匿するため、ほぼすべての船舶が意図的にAISを切っているという。イラン問題に詳しい専門家によれば、そうやって国籍と行き先を隠したイラン保有のタンカーが、違法な石油の積み替えを行っているという。

(日本語翻訳・編集 アフロ)

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です