誘われたけど行けない…相手に悪い印象を与えずに「断る」英語表現(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

分かりにくい長文英文を1語か2語に簡略化した「短い英語」を推奨する、オンライン英会話スクール講師・mamiさんによるFRaU web連載「シンプルなのに伝わる英会話レッスン」(毎週金曜更新)。 今回のテーマは、「誘いを上手に断る」英語表現について。友達や同僚から食事に誘われて行きたいんだけど、どうしてもハズせない用事があって断らなければならない……どう言ったらいいのだろう? 断る=否定的なイメージを抱くので、できるだけ相手を不快にさせないようにしたい。そんな時に使えるフレーズをご紹介します。

【写真】塾なし・公立からハーバードへ!母が語る家庭学習のポイント

 ★mami流・英語を話すときの心得★
「間違えないように言わなきゃ」と気負う必要は全くありません。一番大事なのは「相手に伝えること」。カタコト英語でも問題ナシ! 「英語がしゃべれないから…」と、困っている外国人を見て見ぬふりせず、積極的に話してみましょう。

【広告】

 ZAFUL

 注目のレディース・ファストファッション通販


ZAFULは欧米を中心に

レディースファストファッションを

提供しているサイトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です