コロナ禍前から続く構造問題 バイデン政権に希望はあるか(週刊東洋経済)

出典元:週刊東洋経済

<2021年1月30日号> 米国の政権交代と新型コロナワクチンの接種拡大を見込んで、景気は2021年に回復するとの楽観論が強まっている。だが、これはお門違いというものだ。コロナ禍が想定を上回って長引くおそれがあるからだけではない。真の問題は、コロナ禍前から米経済が壊れていることにある。

【広告】

娘が弾いていたピアノ。

私が弾けたらなー・・・

お任せください。

      楽譜が読めなくても30日で

  上達するピアノレッスンです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です