コロナ禍のシーズンだからこそ見えた「チームジャパン」の底力(現代ビジネス)

出典元:現代ビジネス

———-
2018年の平昌五輪、「もぐもぐタイム」のブーム、銅メダル獲得によってカーリング女子日本代表の人気は急騰した。あれから3年。2月中旬に行われた日本選手権では、来年開催される北京五輪の代表の座をめぐって熾烈な戦いが繰り広げられた。10年以上、カーリングの取材を続ける竹田聡一郎氏が、その戦いのなかで注目したのは、勝者の栄冠ではなく……。
———-

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です