『鬼滅の刃』人気をフランスで聞く パリ漫画カフェ経営者「劇場公開されれば大きな話題になるはず」(エキサイトニュース)

出典元:エキサイトニュース

パリの大型書店の漫画コーナーに行ったら『Demon Slayer(デーモンスレイヤー)』というタイトルの漫画が、良く見える位置に平積みされていた。『Demon Slayer』とは『鬼滅の刃』のことだ。

日本では『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の興行収入が約288億円を突破。海を越えてここフランスでも注目度が増している。『鬼滅の刃』のコミックスがフランスで紹介され始めた2016年当初は、今ほど受けておらず、タイトルのフランス語訳も異なっていた。

ところが、2019年あたりをめどに風向きが変わった。パリ市内の漫画カフェ経営者によると、フランスでは日本のアニメ版がヒットし、漫画のタイトルもフランス語の『Les Rodeurs de la nuit(日本語訳すると「夜のごろつきたち」)』(Rodeursの「o」の表記は「o」にアクサン・シルコンフレックス)から英語版と同じ『Demon Slayer』に変更。広告も多く打たれた結果、『Demon Slayer』こと『鬼滅の刃』はフランスで人気作品に成長したという。

フランス人は同作のどこに惹かれるのか? パリでファンに聞いた。

取材・文/Keiko Sumino-Leblanc 加藤亨延

少年漫画の王道的要素と少年漫画にない影を帯びた要素

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です