純利益1兆円!絶好調ソニーが誇る「本当のすごみ」と「2つの死角」(現代ビジネス)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:現代ビジネス

ソニーの業績が好調だ。

 2月に公開された2020年度の連結純利益予想は1兆850億円と、ついに1兆円の大台を超える。第3四半期の売上高は2兆6965億円で、純利益は3719億円。この純利益はなんと、前年同期比で62%増だ。

ITジャイアントは2021年こう動く!M1搭載Macが変えた未来

 ソニーは過去、「ソニーショック」とよばれるほどの苦境に陥ったこともある。だが、同社は現在、10年前の状況がウソのように好調で、利益水準も回復している。日本の家電大手にはいまだ苦しむところも多く、特に海外市場でのプレゼンスは急激に低下している。

 そうした状況下で、ソニーはなぜ、これほど好調なのか? 
 「ビジネスモデルを変更したため」などと指摘されるが、果たしてその評価は正しいのか? そして、この好調の陰に死角は存在しないのか? 
 筆者は、2012年に上梓した『漂流するソニーのDNA』や2016年刊行の『ソニー復興の劇薬』をはじめ、長年にわたりソニーの動向を見守ってきた。その経験をふまえて、ソニーの現在地を分析してみよう。

【広告】

【Finnish Baby Box】

   フィンランドから届くムーミンの

ベイビー・マタニティーグッズ!

出産を控えたママや出産祝いに。。

北欧デザインまたはムーミンのデザインのベイビーボックス!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です