「ぽっちゃり体形は健康」は本当か?予防医学専門誌で検証(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【医者も知らない医学の新常識】

 健康診断で「肥満」と診断されると、「健康のために体重を減らしましょう」と言われます。

 体重が増えたことで中性脂肪や血糖値が上昇したり、肝機能が悪くなったりしていれば「肥満が健康を害している」と理解できるので、前向きにダイエットに取り組もう、という気持ちになります。

 しかし、中には他の検査値には異常がなく、「体格だけが異常」と判定されていることがあります。こうした場合にも本当に肥満は悪いのでしょうか? 

 体形には個人差があり、少し痩せている方が体調の良い人がいる一方で、少し太めの方が体調が良いという人もいます。

 また同じ体重でも、筋肉が多いか脂肪が多いかで、その状態にも違いはありそうです。

 今年の予防医学の専門誌に、運動習慣と体格との関連を検証した論文が掲載されています。

 体格の指標であるBMIという数値で、肥満と判定されている人に運動療法を施行して、運動をあまりしていない肥満のない人と比較しました。

 すると、たしかに運動をしていない同じ体格の人と比べれば、運動をしている人は健康的で、糖尿病などの病気のリスクも低かったのですが、肥満があると、それだけで糖尿病などのリスクは増加していて、運動習慣もそれをゼロにすることはできませんでした。「運動をしていても、健康な肥満はない」と、そう考えた方がよさそうです。

(石原藤樹/「北品川藤クリニック」院長)

【広告】

              ふとんクリーナーのパイオニア

レイコップ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」
・UV+たたき+吸引の3ステップで、効果的にハウスダストが除去できる!
・ハウスダスト除去率は3分90%以上!
・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス
・実際ハウスダスト取れてるの?… 一目でわかるダストボックスを採用!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です