無冠の関西勢、奮起の兆し…囲碁「関西棋院賞」の面々(産経新聞)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:産経新聞

昨年1年間に活躍した関西棋院の棋士を表彰する「第48回関西棋院賞」の各受賞者が決まった。最優秀棋士に選ばれたのは、余正麒(よ・せいき)八段(25)で、9つの賞のうち、3つを占めた。囲碁界の七大タイトルでは、関西棋院所属棋士は現在無冠で、タイトルはすべて日本棋院所属棋士が保持。余八段ら今回受賞した若手たちには、タイトル獲得など一層の活躍が期待される。(中島高幸)

【表】「第48回関西棋院賞」の各受賞者と選考結果

 ■勝率トップ

 余八段が最優秀棋士賞に選ばれたのは、3年ぶり4回目。平成22年から毎年、何らかの賞を受賞。10歳で台湾棋院のプロとなるが、13歳で来日。21年に関西棋院からデビューした。日本語を独学で習得した努力家だ。

 昨年は関西棋院歴代2位の成績となる22連勝を達成したことから「連勝賞」も受賞。海外や日本棋院の棋士との対局で10勝以上収めた最多勝者が対象の「吉田賞」も受賞した。

 昨年の成績は43勝7敗で、勝率8割6分は日本棋院を含めた棋士の成績でもトップ。碁聖戦と天元戦でそれぞれベスト8、棋聖戦でも最高のSリーグに昇格するなど存在感を示した。

 今年1月、「大和ハウス杯 第59期十段戦」(産経新聞社主催)の挑戦者決定戦に進出。同じ関西棋院の村川大介九段(30)が前期に失った十段奪還を目指したが、同じ台湾出身の許家元八段(23)に惜しくも敗れ、タイトル挑戦を逃した。

 ■棋院のホープ

 最優秀棋士賞に次ぐ「利仙賞(敢闘賞)」を受賞したのは佐田篤史七段(25)で、2年連続2回目の受賞となった。力をつけつつある関西棋院期待の若手だ。昨年は、本因坊戦で挑戦者を決めるリーグ入りを果たした。新人王戦では決勝三番勝負に進出したが、惜しくも1勝2敗で敗れた。一昨年は天元戦で当時名人の張栩(ちょうう)九段らトップ棋士を連破し、挑戦者決定戦まで進む活躍を示し、成長著しい。

 利仙賞に次ぐ「道玄賞(殊勲賞)」は瀬戸大樹八段(36)で、3年ぶり8回目の受賞。瀬戸八段は昨年、35勝10敗の成績で、関西棋院で勝率2位、賞金ランキングは4位だった。

 ■次世代も続々

 「新人賞」は大川拓也二段(19)。六段以下で、26歳未満または入段(プロ入り)後3年以内の棋士が対象で、再選はできないことが条件。大川二段は、碁聖戦で初めて本戦入りし、棋聖や碁聖を獲得したことがある小林覚九段(61)を破る快挙を果たした。

 囲碁の普及に貢献した棋士に送られる「山野賞」は飛田早紀二段(29)に。昨年4月から、ユーチューブで囲碁の解説のほか、テレビゲームの実況なども行い、視聴者を増やしている。

 30歳未満の優秀棋士が対象の「永井賞」は西健伸五段(21)で、2年ぶり2回目。天元戦でベスト4に入る活躍をみせた。今後の活躍が期待される26歳未満の若手対象の「谷口賞」が今回から新設され、阿部良希三段(24)に決まった。

 関西棋院の常務理事、滝口政季九段(57)は「昨年はタイトルを失うなどしたが、今後の棋院を背負って立つような若手棋士が選出された。今年もさらなる活躍を期待する」と話した。

 ■再び無冠…巻き返しなるか

 関西棋院賞は昭和48年の選考から始まった。棋戦を主催する新聞各社の担当記者が選考する。これまで最も多く最優秀棋士に選ばれたのは結城聡九段(49)の13回。昭和25年に日本棋院から独立した関西棋院は当初、橋本宇太郎九段や橋本昌二九段=いずれも故人=らの活躍でタイトルを保持していたが、56年の獲得を最後に、約30年も無冠の低迷期を迎えた。

 創立60周年の平成22年、結城九段と坂井秀至八段(47)がタイトルを獲得。一昨年には、村川九段が十段を手にしたが、昨年失冠し、今また無冠となった。囲碁界を盛り上げるためにも、早期のタイトル奪還を多くのファンが心待ちにしている。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です