反トランプで中国と利害が一致 ハリウッドが仕掛けた「アクアマン」の仰天興行戦略(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

【日米中韓 映画業界最前線】#6

 一昔前まで中国とハリウッドの関係といえば、豊富な資金にモノを言わせる傲慢さが話題の中心だった。この連載でも書いたが米国の映画会社を中国企業が買収したとか、中国系キャストの活躍を無理やり追加した別バージョンを作らせる(「アイアンマン3」=2013年)など、やりたい放題な印象であった。

 だが21年現在、そんな話はついぞ聞かない。中国にこびる描写やキャラなんてのは過去の話。今やチャイナマネーは目立たぬ裏方に回り、間接的な影響力を駆使して巧妙にハリウッドの発信力を利用している。節目となったのはコロナ禍前の19年の大ヒット作「アクアマン」だ。

 本作は海を支配するヒーロー、アクアマンの活躍を描く海洋アクション。日本ではさほど知名度のないアメコミヒーローだが、これが全世界的に大ブレークした。世界興収は11億ドルを突破、これは世界歴代トップ20(最高位。現在は23位)の大記録だ。

 注目すべきは、世界で一番早く公開されたのが北米ではなく中国市場で、アメリカ本国は2週遅れの公開スケジュールだった点だ。結果、米国公開までの数日間で、中国を中心に2億6000万ドルを荒稼ぎ。ケタ違いの好調ニュースが米国に逆輸入されたことで原作ファンの期待が最高潮に達し、本国でも強烈なスタートダッシュを切ることに成功した。以来、アジアを含む外国での興行に強い本作は、アメリカ市場の2・5倍ものカネを、海外市場から稼ぎ集めた。

 今でこそ、コロナ禍で米国の映画館の多くがクローズしたため、やむなく唯一復活している中国での興行を優先するケースが増えてきているが、「アクアマン」公開時はもちろん新型コロナ感染症などはなく、北米は世界最大の市場として君臨していた。そうした時代において、中国に先頭車両として牽引してもらうこうした興行戦術は、米メジャーの一角ワーナーとしても初めての試みだったという。

 当時はトランプ時代で米中関係は悪化の一途。そんな中、本作は善悪の対決でなく、かつて友人だった人々が“分断”され、争う話を描いた。主人公アクアマンは悪を倒すのでなく、逆に敵に対して自らの行為をやりすぎだったと謝罪するなど、無敵のスーパーヒーローとは思えぬ姿を見せる。そして2つの対立種族は両者の懸け橋となる混血の子=アクアマンの活躍によって和解を目指すのだ。

「分断から和解へ」というアンチトランプ的なメッセージを、移民社会であるハリウッドはこうして発信し続けてきたのだが、くしくもそれは貿易戦争で劣勢の中国にとっても歓迎すべきものだった。この映画も、中身に中国推しの要素は皆無だが、結果として中国人観客が絶賛。世界で真っ先に支持し、お化けヒットを巻き起こし、本国アメリカの興行さえも主導した。

 そのムーブメントは、BLM運動など幾多の要素と絡みあって最終的に米世論を嫌トランプに揺り動かし、大統領をわずか1期で引きずりおろす結果となった。世界最強の発信力を持つ業界と利害の一致を見た中国は、もはや表に出て戦う必要すらなかったのだ。=おわり

(映画評論家・前田有一)

【広告】

                                株式会社宝島社

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です