『理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!』ほか 『ドキュメント 日銀漂流 試練と苦悩の四半世紀』(週刊東洋経済)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:週刊東洋経済

<2021年1月23日号> 政治との攻防の末に独立どころか財政支援役へ
評者/BNPパリバ証券経済調査本部長 河野龍太郎
短期金利が0.5%を下回ると、金融政策は効果を失う。もはや景気を十分刺激できず、インフレ醸成も難しい。1998年に日銀が独立性を得た時、すでに金融政策はほぼ限界にあった。ただ、万策尽きたとは言えない。効果は小さくとも拡張性のある新たな手段を考え出す日銀マンが頭角を現していった。気鋭のジャーナリストが、金融政策に関する四半世紀の政治との攻防を描いた労作だ。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

                                  買取プレミアム

がおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です