原巨人の来季構想 吉川尚の覚醒で大黒柱・坂本は「三塁コンバート」(日刊ゲンダイDIGITAL)

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

巨人の今季3度のサヨナラ勝ちのうち、2度はこの男が決めている。

 1日のDeNA戦、22日の広島戦で殊勲打を放ち、25日の中日戦も2安打。25日現在、打率を・291に上げてきた吉川尚輝(25)だ。

【関連】橋本環奈と坂本勇人を結ぶ一途すぎる“ジャイアンツ愛”

 先月、一時調子を落としたが、9月の月間打率は・390と好調。原監督に「勝負強さも存在感も出てきて素晴らしい」と認められつつある。

 二塁を守るが、坂本勇人(31)が交代した後や欠場した試合では遊撃に入る。もともと、こっちが本職だ。

 原監督は「勇人級」と高い潜在能力を買っている。一方で昨季は腰痛でほぼ1年を棒に振るなど、故障が多く、「戦う以前の問題」と「強さ」を求めていた。

 今季、このまま完走することができれば、原監督の構想が次の段階に進むことになる。

「これまで『体調不良』を抱えながらチームを牽引する遊撃・坂本の三塁コンバートです。今のところ、遊撃の守備力は誰にも代えられないが、それでも吉川尚にメドが立てば、昨年40発、31歳にして2000安打が秒読みとなっている大黒柱・坂本の打撃力を、1年でも長く生かす方法を考えないといけない。今季は早くにベンチに下がる試合が増えている。宮本(ヤクルト)、鳥谷(現ロッテ)などがそうだったように、守備の負担が大きい遊撃から三塁に回るのは、晩年の常套手段。今季三塁の岡本は一塁へ回り、空いた二塁にはFAで山田哲(ヤクルト)を迎えるというシナリオです。仮に山田哲が来なくても、二塁には若林や増田大といったイキのいい若手が複数います」(チーム関係者)

 契約を来年まで残す原監督。次期監督にバトンを渡すまでの大きな仕事になりそうだ。

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です