“井川遥の店”も実在「半沢直樹」に登場する飲食店リスト(日刊ゲンダイDIGITAL)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:日刊ゲンダイDIGITAL

27日放送が最終回のTBS系ドラマ「半沢直樹」は、和食店、レストラン、料亭、居酒屋が頻繁に出てくる。アクションの少ないビジネスドラマは、ロケ場所で変化を付けないと単調になってしまうからだが、登場する飲食店はいかにもおいしそうだ。出かけてみたくなるが、どこの店なのだろう。

 半沢直樹(堺雅人)ら東京中央銀行改革派のたまり場で、中野渡謙頭取(北大路欣也)の元部下・新山智美(井川遥)が女将を務める割烹料理屋は、「上越やすだ」恵比寿店(渋谷区恵比寿南)である。新潟の食材をメインにした店で、地酒も40種類そろい、予算は1人1万~1万5000円。ちょっと贅沢したいときは、のどぐろ(あかむつ)の一本焼きがおすすめ。銀座と新橋にも店がある。

 半沢の親友、渡真利忍(及川光博)の行きつけの居酒屋は「たいこ茶屋」(中央区日本橋馬喰町)。第9話では、政界への献金を仕切っている紀本平八常務(段田安則)の使い走り、灰谷英介(みのすけ)をここで待ち伏せる。そこに同席した同僚の福山啓次郎(山田純大)は、「水曜の5時から7時までは本マグロの大トロ丼が半額なんですよね」と、やはり常連らしい。実際に店に問い合わせてみると、「ハイ、水曜は、7時までではなく、閉店まで大トロ丼3800円が半額の1900円です」とのことだった。

 半沢と後輩の森山雅弘(賀来賢人)が一杯やる酒場は「曙町場内酒場」立川店(立川市曙町)だ。焼き鳥が中心で、「お財布にやさしく、お腹も大満足」が売りで、しっかり飲んで食べて4000~5000円と安い。

 半沢の仇敵たちは高級店に通う。大和田暁取締役(香川照之)は「ホテル椿山荘東京」(文京区関口)の料亭「錦水」で密会する。数寄屋造りの離れもあって、悪だくみが外に漏れることはない。夏にはホタルも放たれる四季折々の庭を眺めながらの会席は、最上コース5万円からだが、平日ランチなら1万1100円のコースもある。

 与党幹事長の巨悪・箕部啓治(柄本明)が謀議を凝らすのは、ホテルニューオータニ(千代田区紀尾井町)の最高級フランス料理店「トゥールダルジャン東京」である。パリに本店があり、血のソースやオレンジソースの幼鴨ローストが看板料理で、注文した客には、この店で調理した何羽目の鴨かを記したカードを渡すなど気取っている。アラカルトの鴨料理は1万円前後からで、前菜やサイドディッシュなどを頼み、ワインを飲めば、数万円は覚悟しなければならない。

 これらの高級店はドレスコードがあったりするはず。でも、森山が中学校で同じクラスだったIT企業社長の瀬名洋介(尾上松也)と出かける「大阪お好み焼・鉄板焼88(パチパチ)」有楽町本店は、JR有楽町駅からすぐで、仕事帰りのサラリーマンでいつも大賑わいだ。森山たちが焼いてもらうのは「パチパチ焼」1296円。ネギやチーズのトッピングもあって、139円から。ハイボールが合う。

 ドラマは終わっても、登場した店では「倍返しだあ」「恩返しだあ」と盛り上がりそうだな。

 (コラムニスト・海原かみな)

【広告】

日本最大級のビデオオンデマンド

無料トライアル実施中!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です