「新型デフレ」の襲来で、これから「生き残る&消える」日本企業がわかった…!(現代ビジネス)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:現代ビジネス

日本株は妙な底堅さを見せているが、世界の株式市場はイギリスのコロナ禍再来を機に揺れ始めている。特に9月21日、23日の米国株市場は、それぞれ背景は異なりながらもダウ平均株価で500ドルを超える下げを見せ、コロナショックを彷彿させる混乱状態となった。

【実名公開】「新型デフレ」の襲来で、これから「生き残る&消える」日本企業の全実名

 しかし、そんな乱高下の中でも、成長株は逆行高や相対的な底堅さを見せるなど、内需やテクノロジー関連銘柄を中心としたバブル状態はまだ継続していると見てよさそうだ。日本でも、直近1週間で見ればグロース株が堅調さを見せており、高成長銘柄への資金需要はとどまるところを知らない状態だ。

 しかし、この成長株への急速かつ膨大な資金流入にともなうバブルは、何もいまに始まったことではない。日本株市場でも、10年程度前から徐々に成長(割高)株の高騰が始まり、代わりに割安株の低調さは継続している。特に2014年以降は、現在までの7年中6年が成長株の優位な結果となっており、年々強さを増している。

 上の図は、東証一部上場銘柄について、12カ月先コンセンサス予想PERの上位20%に含まれる銘柄を買い、下位20%に含まれる銘柄を空売りして1年間保有した場合のパフォーマンスの推移である。

【広告】

●高単価×無料案件
●継続収入案件
●集客サポート

お手軽なマルチ案件ご用意しました(笑)
今なら180万円稼いだノウハウもプレゼント!
そろそろプチ自動収入を構築してみませんか?
VIPアフィリエイター登録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です