座間9遺体「殺害承諾」が争点 30日初公判、被害者全員を匿名審理(産経新聞)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:産経新聞

神奈川県座間市のアパートで平成29年10月、15~26歳の男女9人の切断遺体が見つかった事件で、強盗殺人や強盗強制性交殺人などの罪に問われた無職、白石隆浩被告(29)の裁判員裁判が30日、東京地裁立川支部(矢野直邦裁判長)で始まる。ツイッターに自殺願望を投稿するなどした若者が次々に犠牲になった凄惨(せいさん)な事件。弁護側は承諾殺人罪などの成立を主張する方針で、刑事責任能力も争点になる。

【写真】白石隆浩被告

 白石被告は、ツイッターで自殺を望むような投稿をした若者と接触。「自殺を手伝う」などと伝えて自宅アパートに誘い出して殺害したとされ、切断遺体が見つかった翌日の29年10月31日に逮捕された。

 東京地検立川支部は、精神鑑定で白石被告に刑事責任能力があると判断し、30年9月に強盗殺人、強盗強制性交殺人などの罪で被告を一括起訴した。いずれの罪も法定刑は死刑か無期懲役で、有期刑がない。

 これに対し弁護側は、被害者が被告に殺害されることをあらかじめ「承諾していた」と訴える予定で、大幅に刑の軽い承諾殺人罪などに該当すると主張する見通し。責任能力も争い、刑の減軽を求める方針だ。

 一方で被告はこれまでに「本当に死にたいと思っている人はいなかった」などと供述しており、被告と弁護側との間で主張にねじれが生じる可能性もある。

 公判は、被害者特定事項秘匿制度に基づき、被害者の氏名などを伏せたまま審理される。傍聴席は一部を遺族ら被害者参加人に開放し、他の傍聴者から見えないよう傍聴席に遮蔽板を設置する。今年1~3月に横浜地裁で開かれた神奈川県相模原市の障害者施設殺傷事件の公判でも、同様の措置が取られた。

 地裁立川支部は公判期日を全24回指定。論告弁論は11月26日、判決は12月15日を予定している。裁判員6人のほか、補充裁判員も上限となる6人を選んだ。

 起訴状によると、白石被告は29年8月下旬~10月下旬、座間市の自宅アパートで、女性8人に乱暴した上、男性1人を含む9人をロープで窒息させて殺害。現金数百~数万円を奪い、遺体を切断して室内のクーラーボックスなどに遺棄したなどとしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です