横浜市の新劇場 建設費等480億円を想定(tvkニュース(テレビ神奈川))

出典元:tvkニュース(テレビ神奈川)

横浜市が検討を進めるバレエなどの本格的な芸術劇場について、設計費などを含めた建設費がおよそ480億円となる試算をしていることがわかりました。

横浜市はみなとみらい地区で国内外のトップレベルのバレエやオペラが上演される芸術劇場の整備を検討しています。 23日に有識者の検討委員会の中の部会が開かれ、市は、地上5階・地下1階の施設で延べ床面積が4万4000平方メートルを想定していると説明。

そのうえで、施設全体の建設費におよそ460億円、設計費や地盤調査費におよそ20億円のあわせておよそ480億円の試算になると報告しました。 財源については市費のほかに国の補助金の導入に向け働きかけるほか、実績は少ないものの民間支援も受けられるよう検討を進めるとしています。

一方で、土地費用としておよそ130億円がかかることもわかっていて、新型コロナや少子化の影響で長期的な財源不足が見通される中、市は「必要性と効果を考慮の上検討を行う」としています。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です