市民は大反対…菅首相お膝元の「横浜カジノ」の厳しすぎる現実(現代ビジネス)

【広告】ドクターゼロのケトコロストシャンプー&コロストラムトリートメントで健康な頭皮に!(男女兼用)

■止まらない痒みとフケ

■痒みもニオイも消えた!

■ケトコロストシャンプー & コロストラムトリートメント!

出典元:現代ビジネス

コロナ禍に負けず経済を回すこと――。

 「安倍路線」を継承する菅義偉首相の経済戦略は明確だ。当然、カジノを含む統合型リゾート(IR)は、推進しなければならないし、本人もそのつもりである。

【写真】安倍総理が恐れ、小池百合子は泣きついた「永田町最後のフィクサー」

 有力候補地は大阪と横浜。大阪は、菅氏との間でコミュニケーションがしっかり取れている日本維新の会代表の松井一郎大阪市長が、夢洲での計画を進め、地元横浜は、林文子市長が反対運動にもめげず、山下埠頭へのIR誘致の旗を下ろしていない。

 問題は、世界の新型コロナウイルス感染動向との見合いだろう。コロナ対策によるカジノの閉鎖や入場規制で、今年1~6月期、世界のカジノ市場が壊滅状態となった。

 7月以降、徐々に営業再開の動きが現れ、世界最大級の運営会社「MGMリゾート」が、9月末から条件付きながらラスベガス、マカオの全施設で営業を再開するなど、「日常に戻す動き」は、カジノ業界も同じである。

 ただ、横浜は一筋縄ではいかない。いろいろな思惑が複雑に絡み合い、解きほぐすのが容易ではない。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です