ドラマ『アンサング・シンデレラ』 を観て、薬剤師が涙したワケ(現代ビジネス)

冷えから来る不眠、体調不良に

うんざりしていた28歳の山田さんが

「朝までぐっすり眠れるようになった」理由とは?

身体を足のつま先から「ぽかぽか」と温める方法

野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

出典元:現代ビジネス

「薬剤師なのに心臓マッサージなんてありえない!」「患者の自宅にまで押しかけるのは出しゃばりすぎ!」――石原さとみ、田中圭、西野七瀬など豪華なキャスト陣で放映中の医療ドラマ「アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋」(フジテレビ系・木曜22時)に対して、ネットやSNS上に批判の声が集まっている。

【写真】死ぬ瞬間はこんな感じです。死ぬのはこんなに怖い

 医師や看護師を差し置いて、患者と直接向き合う主人公の姿が、特に医療関係者から「薬剤師の範疇を超えている」「越権行為」との酷評を招いているようだ。

 たしかに医師や看護師と異なり、患者と直に接することが少ないイメージの薬剤師。ゆえに、どういう職業なのかもよくわからないので、事の真相がつかみにくい。実際のところはどうなのだろうか? 
 薬局や薬剤師のサポート事業を展開する「株式会社カケハシ」には、病院や調剤薬局で薬剤師として勤務した経験を持つ社員がいる。彼らにドラマの感想を聞いてみたところ、返ってきたのは意外な反応だった。

 取材・文/堀尾大悟

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です