楽天・辛島が危険球退場 西武との2軍戦でまさかの21球降板(サンケイスポーツ)

楽天の辛島航投手(28)が19日、西武との2軍戦(西武第二球場)に先発し、まさかの“降板劇”を演じた。

 一回2死一塁。カウント1-2からの4球目、川越の後頭部付近に死球を与え、危険球の処分を受けて退場となった。

 調整登板のはずが、計21球で降板。「チェンジアップが抜けてしまいました…。打者に申し訳ないことをしました…すみません」と声を落とした。

 左腕は、4月2日に行われる日本ハム戦(楽天生命パーク)での、本拠地開幕投手に内定している。

【広告】

おいしく・楽しく

【カロセーブ】

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。