中日・松坂、キャッチボールを回避 調整遅れの懸念(サンケイスポーツ)

中日の北谷春季キャンプは11日、第2クール5日目が行われ、松坂大輔投手(38)がキャッチボールを回避した。グラウンドでは与田監督、阿波野1軍投手コーチと約3分間、話し合う姿があった。その後は陸上競技場でのダッシュや、室内でマシン相手の打撃練習を行った。

 今月5日から3日間、グリーンカード(米国永住権)取得のために一時的にチームから離れるなど調整遅れが懸念されていた。アクシデントであればチームにとって大きな心配事だ。

コメントは受け付けていません。