激変! MLBコロナ禍の「メディア・ディスタンス」(スポーツ報知)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:スポーツ報知

エース級がライブ打撃に登場、一方で待望の対戦スケジュールが発表されるなど、開幕(23日―24日)への動きが加速してきた。しかし、困ったのはアメリカ国内の新型コロナウイルスの感染者も加速度的に拡大していることだ。1日平均の感染者が5万人を超え、感染者の総数がとうとう300万人、死者は13万人に達してしまった。

 シーズン開催への不安。それは広がるばかりだ。MLBは独自の感染予防マニュアルを作成、それに従って選手、スタッフなどへの集団検査を実施しているが、第1回目は3日、3185人中選手が31名、スタッフ7名の陽性者が出たことが公表された。また、現地メディアによると7月1日から7日までの検査で3740人中選手が58名、スタッフ8名の陽性が確認されたという。選手名の公表は球団に任されているが、最新の検査結果ではブレーブスのフレディー・フリーマンに続き、レンジャーズの大砲ジョーイ・ギャロら主力選手が含まれている。

 1日おきの検査を重ねるたびに不安が募ることになるだろう。レイズとマーリンズを擁するフロリダ州、アストロズとレンジャーズを抱えるテキサス州は最多感染者数を日々更新する状況にあり、同じくホットスポットになっているアリゾナ州とともに医療機関がひっ迫した状態に陥っていると伝えられているからだ。

 こうした状況に悩み、出場を迷っているのがビッグネームたちだ。選手たちにはシーズンの出場辞退(オプトアウト)が認められている。実際、ライアン・ジマーマン(ナショナルズ)を始め8人がプレーしないことを表明、サマーキャンプにも参加していない。

 8月に第1子の出産を心待ちにするメジャー最高年俸のマイク・トラウト(エンゼルス)は「自分にできることは家族を守ること。危険にさらすわけにはいかない。プレーはしたい。でも、とても難しい状況にある」と、心境を吐露する。

 ジャイアンツのチームリーダー、バスター・ポージーも揺れている。「次の2週間で現状がどれぐらい改善するか。それを見ながら妻と相談して決める」

 タフな選択。もちろん、この2人に限ったことではないがチーム内、あるいはメジャーにおける立場を考えると、悩みは深い。

 ところで、こういった取材は全てリモートで行われる。サマーキャンプ直前、ヤンキースやエンゼルスなどからメールされた取材ガイドラインは予想されたものではあったが厳しいものだった。シーズン前に許可された取材証は例外なく全て無効、1日ごとに取材申し込みが必要となり、記者は35名までしか認めない。監督、コーチ、選手との接触は禁止。グラウンド、クラブハウスなどの立ち入り禁止。違反した場合は即刻、取材証を没収。つまり、球場に行っても記者席に缶詰めになり、取材は全てリモート。個別取材は要相談とあるが、状況的には難しい。

 これがコロナ禍の「新たな日常」における「メディア・ディスタンス」なのだ。クラブハウスへの入室が許可され、ほとんど制約を受けることなく選手のコメントが取れた時代がもはや夢のようだ。取材規制は年々厳しくなる傾向があり、クラブハウスは80年代から2000年代の初頭あたりまではホームチームなら練習開始3時間前にオープン、練習後にも1時間程度開放されていた。しかし、やがて時間がどんどん短縮され、今ではわずか45分間、長いチームでも1時間。練習後はどのチームもクローズしてしまった。

 クラブハウスでの取材はメジャー取材の醍醐味のひとつだ。タイミングさえ合えば、選手たちは質問に驚くほど饒舌に答え、興味深い話をしてくれた。また、そんな「濃厚接触」の中で選手の人柄に触れることで、プレーぶりと重ねてみることもできた。あるいは、そこで働くスタッフたちの仕事ぶりに触れることでメジャーの世界のあり方を知ることもできた。

 「ルーはいい奴だったな。いつも身ぎれいにして、帰るときは必ずオレに声をかけていった」といったのは、ビッグ・ピーことピート・シェーイだ。ヤンキースの伝説の用具係。37年前の話だ。ルーとはルー・ゲーリッグのこと。ビッグ・ピーは57年目のシーズンを迎えていた。その話を聞いたときは鳥肌どころか、震えがきた。クラブハウスはエピソードの宝庫でもある。

 未曽有の事態とはいえ、そんな機会も失われてしまった。いつの日かコロナ禍から解放されても、この40年間の流れを振り返ると、MLBとメディアとのディスタンスが離れることはあっても近づくことはないのではないか。悲観的になってしまう。「あの頃はよかった」ではなく、アフター・コロナでは本当に新たな、健全なメディア・ディスタンスを構築して、メジャーを魅力的にしてもらいたいものだ。(スポーツ・ジャーナリスト)

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com】

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ
月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。