渡辺彩香「最高のお散歩」5年ぶり優勝の復活支えた2人の男(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:スポーツ報知

◆日本女子プロゴルフツアー アース・モンダミンカップ 最終日(29日、千葉・カメリアヒルズCC=6622ヤード、パー72)

【イラスト】上位4選手の最終日優勝争い

 5季ぶり優勝を飾った渡辺彩香(26)=大東建託=が昨年6月から師事するプロコーチの中島規雅氏(45)と、契約するブリヂストンスポーツの用具担当・中原創一郎氏(45)が29日、渡辺の勝因や、復活の背景にあったドラマをスポーツ報知に激白した。

 復活Vから数時間後、ネット観戦した中島コーチの携帯が鳴った。「最高のお散歩だったでしょ!」―。いたずらっぽい声の主は渡辺だった。「感動したよ。最高だった。でも、今回が始まり。2勝目、3勝目に向けて頑張っていこう」と中島氏は笑顔で返した。

 今大会前、2人の目標は「予選通過できれば」だった。大会中も渡辺が気負い過ぎないように連日、LINEで「無観客だし、お散歩気分で楽しんできてよ」と送り出したという。昨年6月、中島氏は川口淳キャディーの紹介で渡辺と出会った。「右へのプッシュアウトに左へのチーピン(左に飛び出す)と、どん底でしたね」と振り返る。毎週試合に帯同し、練習ラウンドや大会中も毎ホールの1打ごとに細かくノートにつけてチェック。基本的なスイングは変えずに渡辺の悪癖の「上体のつっこみ」を徹底して注意。昔の動画も見せ、左から右へと大きな弧を描くフェードを徐々に取り戻させた。

 スランプのきっかけは16年7月の全米女子オープンだった。渡辺は「スライス幅の大きなフェードでは攻めきれなかった」と同大会後、ドローやストレート系の球を打つためにスイング改造。以来、左右に大きく曲がり、自慢の飛距離があだとなる深い底なし沼にはまった。「僕の夢は、また全米女子オープンに出て、質の高いフェードを打って、優勝争いに加わること」と中島氏はうなずいた。

 一方、国内外でツアー担当を務める中原氏は14年から渡辺を担当。「成績が出なくてもいつも明るく一生懸命。常に練習やトレーニングも全力で取り組む」とその姿勢を評価する。昨秋の予選会(QT)前、様々なドライバーを試した渡辺から新製品ではなく「感触のいい14年モデルを使ってもいいですか」と頭を下げられた。その必死な姿に会社側の許可を取り付け、渡辺は19位で今季前半戦出場権を獲得。今大会は同モデルで優勝した。「パットの時に転がりのイメージが出しやすい」と今年発売されたブリヂストンの直線入りの新球も使用。「涙が出ました」と中原氏は最高の恩返しをかみしめた。(榎本 友一)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。