盛岡大付・関口清治監督 代替大会は「3年生全員が出られるように」…夏の甲子園中止に思い語る(スポーツ報知)

出典元:盛岡大付・関口監督

夏の甲子園中止を受け、盛岡大付(岩手)の関口清治監督(42)は、県高野連が独自で開催予定の大会での「優勝」を目標に掲げた。岩手は全国で唯一新型コロナウイルス感染者がいないこともあり、開催への機運が高まっているという。18年は決勝で花巻東に敗れ準V。昨年は3回戦敗退と、夏は2年連続で悔し涙を飲んでいるだけに、3年生37人には「絶対に勝つぞ。勝たないと甲子園があってもなくても出る資格がなかったことになる。意地で優勝するぞ」と、ゲキを飛ばしている。

 現実を真摯(しんし)に受け止めたナインは通常の生活に戻り「(野球部メンバーが所属するクラスの)朝のホームルームもいつも通りと変わらない雰囲気だったし、アップを見ていても失望している感じもない」様子だったという。

 関口監督は「独自の大会なので3年生全員が出られるようにしてもらいたい」と、3年生の多いチームへの配慮から、試合ごとにメンバーを入れ替えられる“特別ルール”も熱望した。指導者たちもまた、期するものを背負って走り出している。(長井 毅)

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。