【巨人】菅野智之「グッドだと思います」2か月ぶり東京Dマウンド(スポーツ報知)

巨人の菅野智之投手(30)が21日、東京Dで1軍練習に参加した。実戦を想定した練習が行われ、球団によると3月13日のオープン戦・楽天戦以来、約2か月ぶりとなる本拠地マウンドからの投球を行った。

 「バランス良く投げられています。コントロールもある程度のところに投げられました。グッドだと思います!」

 報道陣は球場取材を自粛しているが、広報発表のコメントから順調さがうかがえる。ユニホームで力強い球を投げ込み、ブルペンを含めて計40球で調整した。

 3月24日の中日との練習試合(ナゴヤD)で2イニングを投げたのが最後の実戦。その後はG球場での個人調整期間となった。「強化と継続」をテーマに掲げ、少しでもレベルアップできるように調整してきた。

 今月11日からは東京Dも練習場所に加わった。19日はブルペンでスタッフに打席に立ってもらい、実戦をイメージして投球。「調子はすごく良かったです。徐々に強度を上げていきたいです」とコメントし、球を受けた捕手の小林が「いつ開幕しても最高のパフォーマンスができると思います」と大絶賛していた。

 延期になっているプロ野球開幕は、最短6月19日を目指している。早ければ6月2日から対外試合が始まる可能性もあり、実戦を想定した練習も入ってきた。開幕投手を務めるエース菅野は着実に階段を上っている。(片岡 優帆)

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。