【巨人】原監督が球児を救う…プロ、社会人、大学合同でトライアウト「約束」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:74年8月、準々決勝の鹿児島実戦で敗れ、甲子園を後にする原(後方左)ら東海大相模ナイン

巨人・原辰徳監督(61)が21日、高校球児の“進学・就職トライアウト”開催案を披露した。20日に日本高野連が第102回全国高校野球選手権大会(甲子園)の中止を発表。次の進路へのアピールの場を失った球児を思いやり「野球の能力、人間性を大いに披露して、我々も見られる場所をつくることを約束したい」と今後、方法を模索していく意向を示した。プロだけでなく大学、社会人関係者も招き、一人でも多くの球児が次のステージでプレーを継続できるよう支援していく考えだ。

 あまりに重い事実が、原監督から言葉を奪った。20日に夏の甲子園中止が正式決定。春夏連続の中止は史上初だ。球団を通じて動画メッセージで球児の心境を思いやった。

 「率直に、非常に残念。高校球児の気持ちを考えると、どういう言葉で表現していいか…そのくらい非常に悲しいです」

 高校球児にとっての甲子園の大きさを知る指揮官だから、その“痛み”が分かる。自身も東海大相模高(神奈川)時代は甲子園に成長させてもらった。75年春に準優勝、夏は3年連続で出場した。

 「高校野球のすべてだね。どこの学校も学業とスポーツの両立という部分はあったが当然、甲子園に出場する、全国制覇という目標の中でやっていた。すべてと言っても過言ではないね」

 球児の失望は理解した上で、それでも今、伝えたいことがある。野球を含めた人生は、まだ未来があるということ。続くストーリーをどう描くかは自分次第だ。

 「球児たちに言いたいのは、まだまだ人生を、野球をスタートしたばかり。全て途上にあるということ。これを心に、一人一人が刻んでもらいたい。そこをどういうふうに乗り越えて、成長していくか。『貴重な体験』という言葉が当てはまるかどうか分からないけれども、これも自分の人生においてあったんだと、しっかり思っていてもらいたい」

 今後、野球を継続していきたいと願う3年生部員は、次の舞台へのアピールの場を失った。原監督はそこを一番懸念し、救済したい意向を示した。

 「これから野球を卒業する人もいれば、進学して野球をやる、あるいはプロでと大きな目標を持っている人もいると思う。その部分で何か、披露する場所というかね。そういうチャンスを与える手段を、我々プロ野球として考えていきたい」

 1つの私案も挙げた。毎オフ、自由契約となった選手を対象に行う12球団合同トライアウトと同様の形で、高校球児にプレーを披露する場を設ける。それをプロだけでなく、社会人、大学関係者なども交えてチェックするというものだ。

 「社会人も大学も含め、あらゆる人たちが君たち金の卵を発掘しよう、と。自分の持っている野球の能力、人間性であったりを大いに披露して、我々も見られるような、そういう場所をつくることを球児には強く約束をしたいと思っております。どうか、自分を高める材料として、大いに発奮してもらいたい」

 最大の目標を失った球児が失望し、そのままバットを置いてしまうことが最も悲しい。このプランをモチベーションにしてほしい。一野球人としての願いだ。(西村 茂展)

 ◆原辰徳と甲子園

 ▼1974年夏 土浦日大(茨城)、盈進(広島)に勝利し、準々決勝の鹿児島実戦では初回に適時打を放って先取点を奪うも、延長15回の死闘の末に敗れる。

 ▼75年春 準々決勝の豊見城(沖縄)戦では1点を追う9回2死無走者から逆転サヨナラ勝ち。決勝の高知戦では本塁打など3安打を放つも延長13回で競り負け準優勝。

 ▼75年夏 ベスト8で敗退したが、3回戦・三重戦の5万8000人など3試合で16万人の観客を動員。

 ▼76年夏 初戦の釧路江南(北北海道)戦は5―0で快勝したが、2回戦で小山(栃木)に0―1で敗れる。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。